トップへ株式会社設立までの流れお客様にご準備いただくもの株式会社設立代行のお申込方法当センターの概要

お客様にご準備いただくもの
1.お申込のお客様ご自身の本人確認書類
当センターへお申込みされる方の本人確認書類(運転免許証股又は健康保険証)を
FAXにて送付してください。
※お申込される方が、発起人又は取締役になられる場合は送付不要です。
(2.の印鑑証明書を送付いただきます。)


1.お申込のお客様ご自身の本人確認書類
発起人の方について、お一人につき1通をご準備ください。
取締役・監査役になられる方について、お一人につき1通をご準備ください。
(例)発起人の方が取締役に就任される場合、その方につき2通の印鑑証明書が必要となります。
(注1)発起人が「法人」の場合は、当該法人の履歴事項全部証明書及び印鑑証明書を各1通ご準備ください。
(注2)印鑑証明書及び履歴事項全部証明書は設立予定日から3か月以内のものをご準備ください。


1.お申込のお客様ご自身の本人確認書類
発起人、取締役全員の実印をご準備ください。
(注)取締役会設置会社の場合は、代表取締役の方の実印だけでも構いません。)


1.お申込のお客様ご自身の本人確認書類
設立する株式会社の印鑑(実印、銀行印、必要に応じて会社印(各印))を作成してください。
(注)設立の申込後、当センターで類似商号調査を行います。
設立されようとする株式会社の周辺に類似の商号が存在しないかどうかを確認させていただきますので、印鑑の作成はその後にお願いいたします。


1.お申込のお客様ご自身の本人確認書類
私どもへお支払いただく報酬のほかに、次の実費が必要となります。
 ・定款認証等手数料 52,000円(公証人役場に行かれた際にお支払いただきます。)
  (内訳)定款認証料50,000円、定款の謄本発行手数料約2,000円
 ・定款に貼る収入印紙     0円(ご自身で紙ベースの定款を作成されると4万円が必要です。)
  ・登録免許税   150,000円(法務局に提出する書類に収入印紙15万円を貼っていただきます。)
 ・法人印作成費用  20,000円程度