■経営業務の管理責任者としての個人の事業主

■建設業を個人で営んでいる場合は、その事業主は経営業務の管理責任者としての経験が認められます。

 ≫許可を受けようとする建設業    → 5年以上

 ≫許可を受けようとする建設業以外 → 7年以上

 

◎個人事業主としての経験を証明するもの

  ≫確定申告書の控え(税務署の受付印が押印されているもの。電子申請の場合は、  

   それを証する書面)

  ≫確定申告書の控えがない場合は、所得証明

  ≫工事契約書、注文書・請書、請求書など工事を実績を証する書類

  ※いずれも経験年数分を用意する必要があります。