宮城県が全国初の公設生コンプラント事業者公募(2年後解体)|神戸の建設業許可コラム

2013年9月3日

 

アシストブレイングループ 神戸の行政書士高見肇 です!

 

宮城県は、県内の復旧・復興事業における生コンクリートの供給不足を補うため、公共工事向け専用仮設プラントを設置する方針を決めた。

 

気仙沼地区と石巻地区に合計4カ所のプラントを設置し、県などが指定する10~20カ所の災害復旧工事に生コンを供給する。公共が関与した生コンプラントの設置は、全国でも初めての取り組み。

 

 

【事業スケジュール】

9月上旬 プラントを建設・運営する民間事業者を公募

10月上旬 事業主体決定

2014年春 稼働(~2015年度まで)

2015年度末 プラント撤去

1基当たりの年間出荷能力は6~8万立法㍍。

 

被災地の復旧・復興事業では、大量の生コン需要に供給が追い付かず、安定供給が大きな課題になっている。公共事業で使用する生コンは、大規模なダムやトンネルを除き、民間プラントから購入することが基本だが、災害復旧工事に限定して公共関与のプラントを設置し、復旧・復興事業の円滑な執行を後押しする。

 

プラントの設置事業者は、仮設プラントの建設費などを上乗せして販売価格を設定。県は事業者と協定を結び、指定工事における予定価格の積算にこの販売価格を反映する。指定工事の受注者に対しては、この仮設プラントで生産された生コンを購入・使用することを求める。

 

(建設通信社より)

 

いよいよ、復旧・復興事業の公共工事が本格化

全国で初めて公共が関与する生コンプラント

建設業業界にとっても非常に注目される取り組みですね。

4箇所のプラント設置にかかる投資額、2年後に解体する費用、相当な規模が予想されますね。

公共が関与することである程度公平性が担保されそうですが

プラント建設や解体は特殊ですので、

そうした企業にとっては大きなビジネスチャンスですね。

神戸の行政書士高見肇

 

■□■――――――――――――――――――――――――――――――――――――

法人設立、各種許認可、助成金申請、会計記帳などをお手伝い!

アシストブレイイングループは社長様を応援しています!
 
TEL.078-965-7000 FAX.078-965-7005
E-mail:info@assist-brain.com  
 
<アシストブレイングループ>

建設業許可申請専門 行政書士 高見 肇

建設業許可申請専門サイト

 

――――――――――――――――――――――――――――――――――――■□■