神戸の訪問介護事業コラム

2011年10月17日

神戸市内の居宅介護支援事業所の利用者から

現金や貴金属を盗んだとして

この事業所の元ケアマネージャーが逮捕された。

今年の5月頃から

利用者の家を訪問した際に

現金や貴金属を盗んでいたというもの。

なかには、デイサービスで施設を訪れた利用者のカバンから

鍵を抜き取り留守宅に侵入したり、

認知症の高齢者を銀行に連れ出して現金を引き出させ着服したり

といった考えられないケースもあったようだ。

既に28人分の現金などを盗んだことを認めているようだ。

しかし、これは介護事業そのものを根幹から揺るがす事件

過去にも同様の事件はあったと思われるが、

こうした事件は、経営者にとっては、事業経営にかかわる深刻な事態となる。

労務管理の難しさもあるが、

居宅介護支援事業の在り方そのものも問われる事件だ。