神戸の建設業許可申請コラム

2011年7月22日

宮城県沿岸部では仮設住宅の建設は急ピッチで進んでいるものの、

住宅の改修・修復工事が進んでいないようだ。

損壊した住宅があまりにも多く、

資材や職人の数が相当数不足しているらしい。

解体する住宅の資材を転用して

応急的に修理をしたりしないと対応できないことも

また、建設工事業者が見つからず、

避難所生活が長引いている被災者もいるようだ。

仙台市建設職組合によると、

ベニヤ板や瓦、サッシなどの建材は

工場の被災で不足している上に

修理依頼が殺到し、価格が1~2割上昇。

あるご自宅では、

修理費の見積もりは1000万円以上にのぼり

修理を断念し、解体することとなったとか。

今なら国が撤去費用を負担してくれるので解体をするのだとか。

(毎日新聞より)