神戸の建設業許可申請コラム

2011年7月19日

岩手県釜石市が発注する

がれき撤去から最終処分までの一括事業に

全国の業者が熱い視線を注いでいる。

国が事業費を全額負担する、被災自治体では初の取り組み。

8月に始まる予定で、

市は岩手県内で最も遅れているがれき処理を加速させる方針。

これまで撤去を全て引き受けてきた地元業者から

「仕事が減る」との声が漏れるものの、

被災者は「どこでもいいから早くがれきを無くして」と訴えている。

釜石市が12日、業者向けに市内で開いた事業説明会には、

全国から予想を大きく上回る144社が出席した。

中には九州や関西の業者も・・・

市は業者を入札で選び22日にも公表する。

8~9月は試行期間とし、

片岸、鵜住居、両石地区の3万8000トンを撤去し、最終処分。

コストなどを検証した上で範囲を拡大し、2014年3月まで本格実施する計画だ。

河北新報社より