神戸の建設業許可申請コラム

2009年4月24日

建設業許可の業種の一つに「鉄筋工事業」があります。

読んで字のごとくという業種ですが、

棒鋼等の鋼材を加工し、接合し、又は組み立てる工事です。

鉄筋工事を専門に請負う場合は、

当然、鉄筋工事業の許可が必要なのですが、

他の業種に比べ

専任技術者となれる資格が少ないのです。

専任技術者となれる資格

・一級建築施工管理技士

・二級建築施工管理技士(躯体)

・鉄筋組立・鉄筋施工(技能士)

このなかの技能士資格、

少し誤った理解をされている方が多いようで・・・

この技能士の試験には、

「鉄筋組立て作業」と「鉄筋施工図作成作業」の二つがあります。

前者の「鉄筋組立て作業」のみ試験に合格されている方がおられます。

しかし、現在、それだけでは、専任技術者の要件を満たしません。

後者の「鉄筋施工図作成作業」の試験を受検に合格して

初めて専任技術者の要件を満たすことになります。

ご注意ください!

昭和48年改正政令による改正後の鉄筋施工に関しては、

双方に合格した者に限られるとされています。

少しマイナーな事項かもしれませんが

知識として覚えておいてもらえたら。