神戸の建設業許可申請コラム

2011年6月9日

建設業許可を取得するための要件の一つに

「経営業務の管理責任者」が常勤でいること!があります。

ご相談案件のなかでも少し理解の違いなどで要件を満たさないケースもあります。

今一度、要件をここでまとめておきたいと思います。

まず、経営業務の管理責任者とは・・・

営業取引上、対外的に責任を有する地位にある者で、

例えば、法人の役員、個人事業主、登記されている支配人、支店長、営業所長で

建設業の経営業務について総合的に執行した経験を有し、

その経験が・・・

許可を受けようとする工事業種で5年

許可を受けようとする工事業種以外では7年

ある者となります。

5年と7年がごっちゃになっているケースがよくあります。

しっかりと押さえておきましょう!

次によく相談のあるものとして

「経営業務を補佐した経験」というものがあります。

これは、上述の経営業務の管理責任者の地位にはなかったが、

その経営業務の管理責任者に準ずる地位にあって

経営業務を補佐した経験が7年以上あれば

これも経営業務の管理責任者として要件を満たします。

ここで注意が必要なのは、

準ずる地位が何なのか

法人であれば、役員に次ぐ職制上の地位を指し、

個人事業であればその事業主に次ぐ地位のことをいいます。

法人の役員?これには執行役員は含まれますか?

この質問も多いですね。

執行役員はここでいう役員には含まれないんです。

したがって・・・

取締役-執行役員-部長

という職制だと、役員に準ずる地位にあるものは・・・

執行役員

となってしまいます。

上記の例でいうと、

兼業事業者で執行役員の業務権限に

建設業の経営に関することが含まれていない場合は

部長が役員に次ぐ地位となりますが。

いずれにしても役員に準ずる地位の証明は

なかなか難しい点があります。

そういう場合は、

私ども行政書士高見・伊達共同事務所 へお尋ねください!

建設業専門の行政書士がご相談に応じます!

神戸の建設業許可申請コラム

2011年5月30日

おはようございます!

神戸の行政書士 高見です!

朝一番、建設業許可申請をご依頼いただいていたお客様を訪問し

受付完了のご報告をさせていただきました。

少し時間がかかってしまった案件ではありましたが

なんとかここまでこれたことをお客様にも感謝申し上げました。

まだまだ始まったばかりで

これからお客様とのお付き合いも本格化していきます。

御客様のニーズにお応えできるように

メンバー一同頑張っていきたいと思っています。

今週は5月の最終週

明後日からはもう6月に入ります。

みなさんに喜んでいただける

お手伝いをこれからも継続していきたいと思っています。

では、今月あと二日

やりきりましょう!

神戸の建設業許可申請コラム

2011年5月27日

おはようございます!

神戸の行政書士 高見です!

大型の台風も近づいてきていて

週末から週明けに大荒れのお天気が心配ですが・・・

昨日は懸案の建設業許可申請を済ませました。

試行錯誤しながらというか

本当にお客様と一緒になってといったほうがいいでしょうけど

長い時間をかけてようやく申請書の受理までこぎつけました。

一安心といったところです^^

今日は金曜日

今から市役所で手続を・・・

午後からはお客様を訪問し打合せを・・・

その合間を縫って

会計記帳を・・・

今日もやり切ります!

神戸の建設業許可申請コラム

2011年4月27日

おはようございます!

神戸の行政書士 高見です!

今朝の神戸は曇り空!

六甲山を見ると既に雨が降っているような

もうすぐこのあたりも雨かと・・・

建設業許可の要件の一つ

「経営業務の管理責任者」について・・・

最近ご相談が多いのですが

例えば・・・

電気工事を営む会社を設立してこれまで5年間の実績があります。

建設業許可の許可を取ってこれからは建築工事もやっていきたいのですが・・・

多くがこういうご相談です。

「経営業務の管理責任者」とは・・・

営業取引上、対外的に責任を有する地位にある者で、

建設業の経営業務について総合的に管理した経験を有し、

その経験が、

①許可を受けようとする工事業種で5年以上

②許可を受けようとする工事業種以外で7年以上

である者のことを指します。

したがって、上記の事例では、

電気工事が5年経験あるということですので、

電気工事の経営業務経験は認められますが、

建築工事の許可を取得するためには、

あと2年の経験が必要ということになります。

経営業務の管理責任者は5年

専任技術者は実務経験10年

ということをご存知の方は多いのですが、

上記の例の場合には注意が必要です。

専任技術者の問題とか

その実績をどのように証明したらいいのかなど

なかなか大変な作業になってきます。

建設業許可に関わる手続に関しては

私どもがお手伝いさせていただきます!

お気軽にご相談ください!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

行政書士 高見 肇

電話078-965-7000

e-mail:td-office@kfa.biglobe.ne.jp

〒651-0084

神戸市中央区磯辺通4-2-8田嶋ビル7F

行政書士高見・伊達共同事務所

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

神戸の建設業許可申請コラム

2011年4月11日

お元気さまです!

神戸の行政書士 高見です!

土日は息子のサッカーの試合を見に行ってましたが、土曜日は散々の結果で…もっと成長をしないと…

今日は今から大阪のお客様を訪問。

建設業許可申請に行きます。

お昼くらいにはオフィスに戻り別件の建設業許可申請の書類を作成し、夕刻には北区長を訪問予定。

北区長は元上司でして、この1日に着任されていて先週金曜日に伺ったのですが会議で外すことができなかった為、お会いすることができませんでした。

その後区長から電話をいただき、今日お時間をいただきました。

ご挨拶と相続センターのPRをさせていただこうと…

今週も頑張らないと!

しあわせな絆を!未来へ!

神戸の建設業許可申請コラム

2011年4月5日

おはようございます!

神戸の行政書士 高見です!

今朝の神戸もいいお天気です!

ただ気温が低めなので肌寒く感じますが・・・

昨日の建設通信新聞によると

国土交通省の2011年度予算のうち、

公共事業費を5%留保し、

それを補正で復興費に充てるとのこと。

補正予算は4月内成立を目指すものとみられている。

一刻も早い復旧復興を願いたいものだ。

ただ、一方で震災前からの建設業界の状況を考えると

特に西日本の今後の建設業需要がどのようになっていくのかが

不透明であり心配ではあるが・・・

力強く!未来へ!

神戸の建設業許可申請コラム

2011年3月30日

こんにちは!

神戸の行政書士 高見です!

さきほどオフィスに戻ってきました!

建設業許可の経営業務管理責任者の要件の充足

う~んとうなっています

一休さ~~~~~ん!

神戸の建設業許可申請コラム

2011年3月18日

おはようございます!

神戸の行政書士 高見です!

今朝の神戸は快晴

花粉も絶好調

おかげで私の目と鼻は絶不調><

今日で東北大地震から1週間

これから復旧に向けて本格的に動いていくのではと思っています。

昨日の建設業新聞によると

国土交通省は、

災害応急復旧を建設会社が円滑にできるよう

施工中の工事・業務を一旦中止できることや、

災害応急復旧工事の前払金を概算で支払える手続き手法を

各地方整備局を通じて都道府県・政令市に要請したとのこと。

応援中の施工者の資金繰りが悪化しないようにするための配慮だが、

これは過去の災害でも例がない。

復旧事業に駆けつける建設会社が希望すれば

請負契約書の締結が後日になっても

概算の見積もり金額で前払金を支払うように

都道府県・政令市に求めているようです。

少しずつ復旧への動きが出てきていますね。

がんばれ!東北・関東!

神戸の建設業許可申請コラム

2010年12月9日

こんにちは!

神戸の行政書士 高見です!

さきほどオフィスに戻ってきました。

夕方に戻ってくると

神戸ルミナリエのお客さんで周辺駐車場で満車で

空きを探すのに苦労してしまします

今日は午後一番には建設業許可申請を完了させました。

お客さまにお会いしてから1週間で申請完了。

お客さまにも手早く必要書類をご準備いただけたことが

短期間での申請に繋がったと感謝しています。

無事に審査が終われば

1月中旬頃には許可が下ります。

無事にと祈るだけです

18時には来客があり打合せです。

今週は非常に早いスピードで日々が過ぎていく気がします。

さすが師走ですね。

では、あともうちょうい頑張りまする~

神戸の建設業許可申請コラム

2010年11月30日

こんにちは!

神戸の行政書士 高見です!

今日は朝から建設業許可申請の

ご依頼をいただいたお客さまを訪問し打合せをさせていただきました。

来年できるだけ早い段階で許可をというリクエストで

当方も超ハイスピードで準備をと思っています。

では、これから