お知らせ

神戸の建設業許可申請コラム|「建設業法施行規則の一部を改正する省令」及び「建設業法第27条の23第3項の経営事項審査の項目及び基準を定める件の一部を改正する告示」

2012年5月8日 火曜日

先の中央建設業審議会・社会資本整備審議会産業分科会建設部会基本問題小委員会の中間とりまとめ(平成24年1月27日)等を踏まえ、建設業法施行規則(昭和24年建設省令第14号。以下「規則」という。)及び建設業法第27条の23第3項の経営事項審査の項目及び基準を定める件(平成20年国土交通省告示第85号。以下「告示」という。)について、改正がなされます。

 

これにより、特に経営事項審査においては、「雇用保険」、「健康保険」及び「厚生年金保険」の各項目について、未加入の場合それぞれ40点の減点(3保険に未加入の場合120点の減点)となりますので、未加入の事業者におかれては早急な対応をする必要があるのではないでしょうか。

 

アシストブレイングループでは、建設業許可申請関係はもちろんのこと、グループメンバーの社会保険労務士による健康保険等に関するアドバイス、手続などお手伝いさせていただくことが可能です。お気軽にお問い合わせください。

アシスブレイングループ

078-965-7000(代)

 

 

以下、国土交通省ホームページより

http://www.mlit.go.jp/report/press/totikensangyo13_hh_000156.html

(1)建設業における社会保険未加入問題への対

 [1] 建設業の許可申請書の添付書類への保険加入状況の追加

(規則第4条及び様式(新)第20号の3関係)

  許可行政庁が、建設業法(昭和24年法律第100号。以下「法」という。)第3条に基づく許可(許可の更新を含む。)の申請時に、保険加入状況の確認、指導等を行うため、法第6条第1項に基づく申請書の添付書類として、健康保険等の加入状況(※)を記載した書面の提出を求めることとし、当該書面の様式を整備する。

 (※)「健康保険等の加入状況」とは、健康保険法(大正11年法律第70号)第48条の規定による被保険者の資格の取得の届出、厚生年金保険法(昭和29年法律115号)第27条の規定による被保険者の資格の取得の届出及び雇用保険法(昭和49年法律第116号)第7条の規定による被保険者となったことの届出の状況をいう。以下同じ。

    

    [2] 施工体制台帳等の記載事項への保険加入状況の追加

(規則第14条の2及び第14条の4関係)

 特定建設業者及び下請負人が、その請け負う工事における下請負人等の保険加入状況を把握することを通じて、適正な施工体制の確保に資するよう、法第24条の7第1項に基づき特定建設業者が作成する施工体制台帳の記載事項及び同条第2項に基づき下請負人が特定建設業者に通知すべき事項に、健康保険等の加入状況を追加することとする。

     

    [3] 経営事項審査における保険未加入企業への減点措置の厳格化

(規則様式第25号の11及び第25号の12並びに告示第1の4の1及び付録第2関係)

 法第27条の23に基づく経営事項審査(以下単に「経営事項審査」という。)において、社会性等(労働福祉の状況)に係る評価の項目及び基準を次のとおり見直す。

・評価項目のうち「健康保険及び厚生年金保険」を、「健康保険」と「厚生年金保険」に区分し、各項目ごとに審査することとする。(規則及び告示第1の4の1)

・「雇用保険」、「健康保険」及び「厚生年金保険」の各項目について、未加入の場合それぞれ40点の減点(3保険に未加入の場合120点の減点)とする。(告示付録第2)

※ 建設業における社会保険未加入問題への対策については、行政、元請企業、下請企業など関係者が一体となって、総合的対策を実施し、実施後5年を目途に、企業単位では許可業者の加入率100%、労働者単位では製造業相当の加入状況を目指すこととしています。                                 

(2)経営事項審査における外国子会社の経営実績の評価 

(規則様式第25号の11及び告示附則関係)

 経営事項審査において、本邦親会社及び外国子会社の経営規模に係る次の数値について、国土交通大臣に申請し、認定を受けた場合には、当該数値を評価の対象とすることとする。

・外国子会社の完成工事高

・親会社及び外国子会社合算の利益額及び自己資本額

(3)その他

 その他所要の改正を行う。 

3.スケジュール

  公 布  平成24年 5月1日

  施 行  平成24年 7月1日(2.の(1)[3]及び(2)・(3)関係

        平成24年11月1日(2.の(1)[1][2]関係)

 
神戸の建設業許可申請は、神戸|行政書士高見・伊達共同事務所にお任せください!
 
 

神戸のNPO設立・運営コラム|「NPO法人 設立・運営の手引き」改訂(兵庫県)

2012年4月20日 金曜日

平成24年4月の改正NPO法の施行に合わせ、兵庫県において、NPO法人のバイブルである「設立・運営の手引」が改訂され発刊されています。
既にお手元に届いている団体もあるかもしれませんが、県内1,714ある全NPO法人に発送されるようです。希望される方は、窓口等でも配布されます。

(参考)

NPO法の改正概要

兵庫県記者発表資料

 

神戸の建設業許可申請コラム|建設企業のための経営戦略アドバイザリー事業

2012年4月11日 水曜日

国土交通省では、中小・中堅建設企業の新事業展開、

企業再編、転業、廃業等の経営戦略の実現を支援する

「建設企業のための経営戦略アドバイザリー事業」が

平成23年度に引き続き平成24年度も実施されることになったようです。

中小・中堅建設企業の新事業展開、事業承継、

企業再編・廃業など建設企業が抱える経営上の課題を

広く受け付ける「経営戦略相談窓口」を設置し、

「エリア統括マネージャー」の統括のもと、

各分野の専門家から構成される「建設業経営戦略アドバイザー」による

アドバイスが行われます。

詳しくは、ポータルサイトが開設されていますので、次のページでご確認ください。

↓↓↓

(ポータルサイト) http://www.yoi-kensetsu.com/advisory/

 

 

神戸の建設業許可申請は、建設業許可申請専門の神戸|行政書士高見・伊達共同事務所にお任せください!

 

H24.3.1ホームページリニューアル

2011年12月19日 月曜日

アシストブレイングループのホームページをリニューアルしました!

神戸の株式会社設立コラム

2009年3月5日 木曜日

今定款作成&認証をお仕事を2件同時平行でさせていただいている。

一つは本社がA市内

もう一つは本社がB市内

定款の認証は本店所在地がある都道府県内の公証人役場でしなければいけない。

今回の案件は

どちらも取締役1名、株主総会やその他の機関設計はお任せ

といった感じ

業種は全く異なるが

ほぼ同じ内容の定款で問題ないため

各公証人役場へ定款(案)をfax送付し、

事前審査を受けた。

Aはok!しかしBは・・・

「第○条ですが・・・

会社法上では・・・

実態上は・・・

神戸ではそういう指摘はされませんか?」

と・・・

え~~~~~と

当該条文は、

以前別のところで指摘を受け、

その指摘どおりに修正を加えたもの

そうとは言えず・・・

う~~~ん!

公証人の先生からいろいろと法解釈の説明を

いただきましたが、

結局、原案のままでもOKということで

原案どおりで認証を受けることに・・・

やれやれ

2件とも来週早々には認証に行けそうです(^^)